[記事一覧]  [編集][削除] 108

[読み物][画像]
オリンパスの2倍テレコンMC-20でM. 40-150mm PROが新たなレンズとして蘇る! 超望遠マクロに軽量ロクゴーロク+97
投稿日時 2019-12-01 04:51:43 (gwhuld)   [0気になる]  [0興味無い]

https://moognyk.hateblo.jp/entry/2019/07/01/080000
>私はM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROユーザーなので、もちろん取り付けるのはこのレンズです。ちなみにMC-20を装着することでマスターレンズの絞り値は2段(2EV)下がることになるので、M. 40-150mm PROは焦点距離80-300mm、開放絞りF5.6の超望遠ズームレンズとなります。
>35mm換算だと160-600mm相当に、所謂サンニッパがロクゴーロクに生まれ変わるようなもので、これはかなりのインパクトです!(しかも重量は合計910gと1kgを切る軽量さ)
モータースポーツや航空ショーを撮るときに、この軽量さは良いかも。価格コムのレビューも文句なしの全員満点


この記事に対するコメント

[#1] (hspqwd) すまん、わからん

[#2] (dtrqid) canonの1/3の重量で600mmが使えるってことか?om教頑張れ

[#3] (godlpp) さすがに使えるレンズが少ないな

[#4] (mfajbk) #1 テレコンバーターといって、望遠レンズをさらに高倍率にするアダプタの話。大砲みたいなレンズが無くても高倍率で撮れる。多少暗くなるというデメリットはあるけれど、日中の明るさならそれほど問題にならない

[#5] (hspqwd) #4 解説ありがとう。高齢者に優しい逸品だな!

[#6] (yszxpk) 高価な超望遠レンズを買わなくても、これで望遠を超望遠にできる……と思うとときめいてしまう。


最終コメント 2019-12-01 22:25:38