[記事一覧]  [編集][削除] 205

[サイエンス]
ADHDの脳構造の特徴を人工知能により解明し、遺伝子多型の影響を発見+89
投稿日時 2019-01-07 16:28:39 (ulridj)   [4気になる]  [1興味無い]

https://www.jst.go.jp/pr/announce/20181203-3/index.html
>本研究の検査手法は、測定時間が5分以内と短く、検査中に特定の課題遂行が不要で、被験者への負担が少ないという特徴があります。今回の研究では、女児より有病率が高いことから男児を対象としましたが、今後は女児、幼児から成人までの幅広い年齢層、知的障害を有する方など対象を拡大していきます。
>ADHDは現在、専門的な医師による面接や症状のチェックリストで診断が行われていますが、この研究では「MRIの撮影をすることで脳科学的にADHDの診断ができる」ところまでの応用性を検討することを目標としています。


この記事に対するコメント

[#1] (flmodg) ADHD以外にも鬱とか脳のいろいろがMRIいっぱつで判るようになったらいいなあ。   で、物理的に治せるようになるのはいつだろう…

[#2] (ajzols) 頭蓋骨に穴開けて前頭葉にメスで切り込みを入れるんだろ


最終コメント 2019-01-07 23:03:41