[記事一覧]  [編集][削除] 317

[スポーツ][動画]
目隠しをしたまま「スポーツチャンバラ」を行う新競技+106
投稿日時 2018-06-07 16:19:08 (shvmka)   [0気になる]  [2興味無い]

https://www.asahi.com/articles/ASL5Y5H4VL5YTNAB00S.html
>視覚障害者と健常者が一緒に楽しめる競技で、考案者たちは「いつかはパラリンピックの種目に」と夢をふくらませる。
>相手の胸元につけられたボールを剣で突いて落とせば「一本(いっぽん)」。
>ボールの中に入っている鈴の音、相手の息づかいや足音など、わずかな気配を捉えて剣を振り合う。


この記事に対するコメント

[#1] (zcrfrb) 見えぬゆえそうせねばならなかった  盲目の剣とはそうしたもの…

[#2] (onaayj) 無明逆流れ?

[#3] (lvahph) 富田勢源ごっこやりたい

[#4] (oqorwt) 肘で鈴を守っちゃうと無敵になりそう。面と小手にも当たり判定が欲しい。

[#5] (idvqvs) 滅多打ちであったそうな

[#6] (oqxzsu) これが競技として成立するためには観戦客ほど邪魔な物はないだろ。雑音の塊で存在そのものが邪魔になる。

[#7] (gupceu) #6 目の見えない人がプレイするスポーツは、静かに見るよう客にお願いするらしいです。参考に、ブラインドサッカー >プレー中は観客も静かに見ることが求められます。観客のあなたもピッチ上の音や声に耳を澄ましてみましょう。>ゴールが決まった瞬間は大歓声をお願いします。その声で、選手は自分の得点がわかるのです。

[#8] (uzifnr) 集中が求められるような場面でさんざん馬鹿なギャラリーが邪魔してるよな。ゴルフなんかがその最たる物。ゲンダイだが。 まぁやるならカメラ携帯電話持ち込み禁止、大声出したら即退場とかキッチリやるならありか。


最終コメント 2018-06-08 22:24:46