[記事一覧]  [編集][削除] 300

[読み物]
小林よりのり氏 『戦争論』はある意味誤読されたと語る真意+42
投稿日時 2015-03-06 13:40:55 (mbzalt)   [1気になる]  [8興味無い]

http://www.news-postseven.com/archives/20150306_307519.html
>『戦争論』はある意味で誤読された。その一つが、むかしの日本人は凄かったのだから、いまの日本人も凄いということ、もう一つが、あの戦争が正しかったのだから、全ての戦争が正しいということだ。
>わしは、日本が戦った戦争は肯定するが、いまアメリカがやっている戦争には正当性がない、と当時から主張してきた。ところがいまの日本人はどうだ。「アメリカの戦争は常に正しいのだから、それに従えば良い」と、みんなこう思っているではないか。
>事実として、アメリカが突入したイラク戦争において、開戦の根拠となるはずの大量破壊兵器などどこにもなく、中東を泥沼に導いたのは明白だ。それが現在のイスラム国につながっている。


この記事に対するコメント

[#1] (bfviwv) 「アメリカの戦争は常に正しい」なんてみんな思ってないだろ。特にベトナム戦以降

[#2] (xdvyqg) 誤読かと思ったら元記事の見出しもよりのりって書いてた。本文だとよしのりなのに

[#3] (lqwiwu) #1 自分が偉くなるためには大衆は馬鹿な方が都合が良いんだよ。

[#4] (qocyja-) AKB論でも書いてりゃいいんだよ

[#5] (bpvigs) #1 Twitterでは「今回の戦争の正当性」みたいなの考えずに「友軍が戦っているんだから参戦して当然」って人はかなり大勢見たぞ

[#6] (bfviwv) 「参戦して当然」と「アメリカの戦争は常に正しい」は別の話なんだけど

[#7] (krfcyd) それ正しいかどうか考えてないみたいだが?>「今回の戦争の正当性」みたいなの考えずに

[#8] (ccylkd) 「正しいかどうか考えてない」と「常に正しい」は違うだろ


最終コメント 2015-03-07 08:27:18