[記事一覧]  [編集][削除] 306

[サイエンス][画像]
人食いバクテリア:昨年患者273人、致死率30〜50%+66
投稿日時 2015-02-25 22:51:43 (xaoxer)   [2気になる]  [2興味無い]

http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000e040151000c.html
突然発症して急激に手足の壊死(えし)などが進み、時に人の命を奪う「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者報告数が近年、増加傾向にある。国立感染症研究所によると、昨年は1999年の調査開始以降最も多い273人に達した。主な原因菌の「A群溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではない。しかし傷口などから細菌が体に入ると、まれに劇症化することがある。初期症状は手足の痛みや腫れ、発熱などだが、病気の進行は極めて速い。


参照されているニュース◇ 人食いバクテリア:患者数284人、過去最多 感染研調査

この記事に対するコメント

最終コメント 2015-02-25 22:51:43