[記事一覧]  [編集][削除] 320

[読み物]
「人手不足」と外国人(6)新聞は絶対書かない「留学生」の「違法新聞配達」+78
投稿日時 2015-01-31 15:26:07 (kcghgm)   [4気になる]  [2興味無い]

http://www.fsight.jp/32451
普段の生活では接点の乏しい職場で、外国人労働者が確実に増えている。今や留学生の存在なしでは成り立たくなった「新聞配達」も、そうした職種の1つである。「新聞配達をする外国人」は新聞などでは全くニュースにならない。それは配達現場で横行する「法律違反」や「未払い残業」といった不都合な現実があるからだ。
きっかけをつくったのは「朝日新聞」だ。朝日新聞の販売店は、1980年代前半から中国人を新聞奨学生として受け入れていた。朝日新聞本社と中国の関係機関が始めた友好事業の一環である。実は、「週28時間」という労働時間の制限は、販売店にとっては都合が良い。法律を逆手に取って、残業代を払わなくてもすむからだ。
新聞社は販売店で不祥事が起きると、「取引先の問題」として片づけるのが常套手段だ。そんな言い訳だけはもう聞きたくない。


この記事に対するコメント

最終コメント 2015-01-31 15:26:07