[記事一覧]  [編集][削除] 244

[サイエンス]
<はやぶさ2>観測データ受信設備に4億8000万円計上+38
投稿日時 2015-01-10 11:22:10 (mifdkw)   [1気になる]  [1興味無い]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000074-mai-soci
>はやぶさ2には、平面形の二つのアンテナがあり、一方は初号機と同じ8ギガヘルツの電波を使って、地上と通信する。もう一方は32ギガヘルツの観測データ用で、同じ時間では4倍のデータを送ることができる。だが、32ギガヘルツの受信設備は国内になく、現在は米航空宇宙局(NASA)などの協力を得ている。
>はやぶさ2が目的の小惑星「1999JU3」に到着するのは18年夏で、設備の運用は到着時には間に合わない。ただし、約1年半滞在するので、人工的にクレーター(くぼ地)を作る時の観測データが受信できる可能性がある。
なんだかなあ…。まあ海外からもアンテナ利用の依頼が来るかもしれないしね。


この記事に対するコメント

[#1] (nedsos) 海外にもアンテナ設備が欲しいし、国内も老朽化しているアンテナ自体も更新しなきゃ・・・。


最終コメント 2015-01-10 19:52:16