[記事一覧]  [編集][削除] 823

[ゲーム]
日本の同人ソフト『ルセッティア』がSteamで10万本以上を販売+384
投稿日時 2011-01-15 01:46:13 (pmovie)   [3気になる]  [7興味無い]

http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=2792
>但し本作は、Steamのセール期間中“Indie Story Pack”の収録作として5ドルという安価で販売されていたため、パブリッシャーやデベロッパーが手にした収益は非常に少なかったとも報告されています
それでも1ドルなら1千万円、2ドルなら2千万円だぜ。十分いいんじゃないか


この記事に対するコメント

[#1] (ufkkfs) "Pack"ということは、たくさんのゲームを一つにまとめた物なんじゃないの?

[#2] (zxbojb) ルセッティア面白かったよ、基本はトルネコだけど。元々2100円(19.99ドル)だから多少惜しい気持ちはあるんじゃないか。

[#3] (rffqul) 4本パック5ドルのセットで販売して、その数日後単独6.8ドルで販売してたけど単独のほうもランキング上位だったから最初から単独だけだったら相当儲かってただろうな

[#4] (wywuqj) ゲーム自体がよくできてたのと、Steamのなかだとこういうソフトがあんまりないから売れたんだろうなぁ、って話だったけど

[#5] (ssrddu) 良いゲームだし、steamはどんなゲームでも期間限定でセールはしている。外人も割と気に入っているらしい。

[#6] (ssrddu) ただ、あのゲーム最大の欠点である所の、微妙極まりない歌はそのまんま外人に聴かれているんだろうか?

[#7] (xerrmu) 東方をやり込んでるような層も居るらしいので、同人ゲームってジャンルへの認知度が多少は影響あるのかも。

[#8] (dphlqs) Steamに出た時は普通に (周りと同じ) インディーズゲーという文脈での登場だったと思う。パブリッシャがJapanese doujin gameという立ち位置にこだわってメジャー市場を避けてる (※推測) スグリとかガンデッとかはいまひとつ海外で延びてない。


最終コメント 2011-01-15 16:37:17