[記事一覧]  [編集][削除] 708

[動物]
猛毒タコ九州北上、かまれると死ぬことも+160
投稿日時 2010-07-22 18:02:15 (hlipjt)   [2気になる]  [3興味無い]

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100722-OYT1T00848.htm?from=top
>フグと同じ猛毒を持ち、かまれると死に至ることもある「ヒョウモンダコ」が九州北部で相次いで見つかっている。
>唾液(だえき)の中にフグと同じ神経毒の「テトロドトキシン」を含み、かまれるとおう吐やしびれ、けいれんを引き起こす。
>オーストラリアやインドネシアなどの太平洋、インド洋海域に生息し、かまれた人が全身まひで死亡した例もある。

(YOMIURI ONLINE)

この記事に対するコメント

[#1] (fnyyje) 保育園の頃にセアカゴケグモとかいう毒グモが発見されて園内の花壇立ち入り禁止みたいな騒ぎになったけど、結局こういうの最初だけ話題になって忘れられるね。

[#2] (hoydkp) 注意は必要だろうけど、海水浴や釣りをしていてタコに噛まれる状況というのが想像できない。

[#3] (jakqjb.) タコ規制

[#4] (stpsjv.) おぼろげに学研まんがの毒生物のひみつの海パートの案内役やってた記憶が


最終コメント 2010-07-22 18:58:05