[記事一覧]  [編集][削除] 535

[政治]
Googleが政治情報サイト「未来を選ぼう 2009」,みんなの質問に候補者が回答+109
投稿日時 2009-07-13 22:01:38 (mtuozs)   [5気になる]  [8興味無い]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090713/333707/
>第一弾の「未来のためのQ&A」は,候補者や政党,政治団体への質問を投稿できるサイト。選ばれた質問は,候補者や政党,政治団体に回答を呼びかける。回答は動画でYouTubeにアップする。
>また,第45回(2009年)衆議院選挙公示後は,Googleの検索機能で集約した選挙区ごとの候補者情報などを提供する。
未来を選ぼう 2009

(IT pro)

この記事に対するコメント

[#1] (zejcdf) 公職選挙法は意味不明の規制が多すぎる。動いてる選挙カーからは名前の連呼しかしちゃいけないとか

[#2] (xtzfal) こういうことって、既存マスコミがずっと前からやるべきことだったのにね。俺が選挙権を得てから10数年、テレビも新聞も、政局を煽るだけ煽って、足の引っ張り合いさせて、ヒャッハーって言ってるだけだった。

[#3] (tssest) 試み自体は評価したいんだよなー。8割方無回答とかの腰砕けな結果になる可能性が高いと思うけど。

[#4] (mmfqmg) #1 そんなもん既存の政党に有利に働くから残してるのに決まってるじゃないか。 すでに勢力がある党あるいは個人が有利になるように。

[#5] (gnmxeq) #3 無回答は「答える気はない」という回答なのでそれはそれでOK。


最終コメント 2009-07-14 14:40:40