[記事一覧]  [編集][削除] 85

[読み物][画像]
Microsoftが満を持してリリースした「Surface Pro X」はARMアーキテクチャへのリベンジを果たせたのか実際に触るとわかってきた+67
投稿日時 2020-02-13 22:02:02 (zxpscd)   [1気になる]  [1興味無い]

https://gigazine.net/news/20200211-surface-pro-x/
>実際にSurface Pro Xを触ってみると、スリムな本体やバッテリー持ちの良さはうれしいものの、64bitソフトウェアが動作しなかったり、32bitソフトウェアもより強い互換性を持たせるとパフォーマンスが落ちてしまったりするのはマイナスなポイント。データ通信の速度や感度が良いとはいえないのも残念でした。
>しかし、2013年に発売され、Microsoftに巨額の損失を与えたSurface RTと比較すると、Surface Pro Xが「ARMアーキテクチャのWindows」として実用できるデバイスになっているのも事実。今後のARMとWindowsの未来を感じることができるデバイスでした。
関係あるような無いような


参照しているニュース:◇ 「著作権侵害だから」という理由で「スクリーンショットを規制」するとマジで死ぬというのをかつて証明した実例がある

この記事に対するコメント

[#1] (vdvntp) x86はエミュレーション x64不可!じゃねぇ

[#2] (faksod) クルーソーを彷彿させる。

[#3] (hdzmqn) しかもお値段が……。売る気あるのだろうか。


最終コメント 2020-02-14 22:58:08