[記事一覧]  [編集][削除] 231

[ハード]
韓国軍に配備された1台2000万ウォン(約190万円)の狙撃用観測鏡…銃に付いたスコープより低倍率 「非常に高額なのに双眼鏡レベル」+110
投稿日時 2020-01-22 15:22:14 (zennna)   [4気になる]  [2興味無い]

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/21/2020012180081.html
また誰かが横領したのかな?
 


(韓国軍、目標が小さく見える新型観測鏡を配備)

参照しているニュース:◇ 【爆笑】韓国軍の防弾ヘルメットが中国のおもちゃ会社のコスプレグッズだった事が判明◇ 韓国軍トンデモ不正…銃弾が貫通する“防弾しない”チョッキを兵士に支給 ◇ 19年の歳月と100億円の予算をかけ「韓国の技術で開発された名品兵器」と宣伝されていたK-11複合小銃が、とんでもない理由で開発中止

この記事に対するコメント

[#1] (uryeaf) 視野が広くて高倍率の観測鏡は作れなかったんだろうな。

[#2] (swdtre) でも、観測鏡の方は表示に数字が入っていてカッコいいので、良いのでは?

[#3] (hvdmkt) 着弾が大きくはずれた時に修正する事を考えるとライフルのスコープより視野が広いのは問題ないのでは?

[#4] (ajwqvu) 従来使用していた狙撃用観測鏡は12-40倍の水準だったんよ

[#5] (kykocn) 普通は観測手のが倍率高いものを使う

[#6] (fczodd) >「韓国軍当局が狙撃手の運用概念をきちんと理解しておらず」 レーダー照射の意味も理解してなかったしな。

[#7] (jjcthm) 「ソゲキシュが日帝由来の用語なので理解出来なかったニダ」。


最終コメント 2020-01-23 18:52:49