[記事一覧]  [編集][削除] 129

[トリビア]
中国版YouTubeの動画サイト「YOUKU(優酷)」はなぜ衰退してしまったのか+32
投稿日時 2019-12-09 00:55:07 (osjesg)   [1気になる]  [0興味無い]

https://ascii.jp/elem/000/001/989/1989918/
>ネットの巨人アリババに買収されると、その後転落するという悪いジンクスがあると指摘するメディアもある。アリババは、かつてヤフー中国を買収したが、買収後に存在感がなくなって終了した。また当時の中国発ブラウザーの雄「UCブラウザー」も、トップシェアをテンセントの「QQブラウザー」に譲った。フードデリバリーの「口碑」も街中で見かけたが、アリババによる買収後、存在は消えた。
>バイドゥで検索してもYOUKUが見つかりづらくなった、というものもある。それもそのはず。YOUKUはアリババ系のサイトであり、バイドゥはiQiyiを抱えている。パソコン向けからスタートしたサービスでありながら、中国において検索サービスはバイドゥが握っているため、YOUKUはあまりに不利なのだ。
GoogleもFC2動画・Veoh・パンドラTV・Vimeoの動画を見つかりづらくしているからな


この記事に対するコメント

[#1] (vqyxjc) 知名度はあるから復活はあるんじゃないか。ニコ動然り。一旦売れてた歴史があるのはブランド。ジャック・マー再登板な気配を感じる

[#2] (joegae) 优酷の优は優秀の優だったのか・・・

[#3] (ewcnpm) #2 心の中で「尤も酷い」って読んでた


最終コメント 2019-12-10 13:24:11