[記事一覧]  [編集][削除] 116

[読み物]
”アニメオタク差別”を変えた京都アニメーションの偉業と追悼と。+49
投稿日時 2019-07-21 11:21:19 (niidzh)   [1気になる]  [10興味無い]

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20190720-00134932/
>実際私は、1998年に「CCさくら」(注:カードキャプターさくら・1998年~1999年放送)が特典とじ込みポスターとして付録されていた月刊アニメ雑誌『アニメージュ』(徳間書店)某月号を教室内に持ち込んで読書していたところ、「お前は二次元が好きなのか?」などと茶化された挙句、当該雑誌を取り上げられ、すわ床に叩きつけられ、表紙を何度も踏みつけられたという屈辱的経験を有する。
>そればかりではない。アニメオタクに対するいわれなき差別と偏見は、同じ年齢の非アニメ視聴者の生徒ばかりではなく、当然それより上の年齢層にも明瞭に蔓延(はびこ)っていた。
>古谷経衡1982年北海道札幌市生まれ。文筆家。
そういう”浮く”突っ込みどころのある行為するのはどうなのよ。主張は分らんでもないけど。


参照されているニュース◇ 京都アニメーション火災、人命と芸術の無残なる喪失

この記事に対するコメント

[#1] (uetbqc) ネトウヨビジネス糞ライターに言われたくないわ。この便乗糞ライター消えてくれ

[#2] (ahezdf) #1 オタクはネトウヨっていうわけだな

[#3] (qssihl) いつもの胡散臭いコイツか。 細部で何だが、98年頃って「二次元」という言い回しがあったかどうだか微妙ではないかね

[#4] (rinece) こういうのが差別を助長する


最終コメント 2019-07-22 10:28:44