[記事一覧]  [編集][削除] 66

[サイエンス]
超深海の生物から高濃度の放射性炭素、冷戦時代の核実験で蓄積+27
投稿日時 2019-05-15 09:31:12 (zqvfgh)   [0気になる]  [0興味無い]

https://www.cnn.co.jp/fringe/35136910.html
>冷戦時代の核実験では、大気中の放射性炭素が2倍に増え、爆弾によって放出された中性子が大気中の窒素と反応を起こして放射性炭素が生成された。
>実験の終了に伴い放射性炭素の濃度は下がったが、大気から海面に落下した放射性炭素は、食物連鎖を通じて長年の間に海洋生物に取り込まれていた。
具体的な数値の出てる記事あるのかな


この記事に対するコメント

[#1] (iitmgb) C14は自然でも生成されるわけだが核実験で生成されたものの割合はどうなのか

[#2] (nlaxms) 超深海の生物から高濃度の放射性炭素が検出された場合、地上の人類にどの様な影響があるかのデータはどこに明記されているの?

[#3] (drnprk) そーいや冷戦後もウイグルで核実験やりまくった国とか有ったな。

[#4] (hnedke) 当時の日本への降下物はかなりひどかったとか、原発事故のときの比較で出されてたな。


コメントを書く(512bytes以内 URLは自動リンクされます)