[記事一覧]  [編集][削除] 82

[国内ニュース]
汚染牧草780トン3年で処分 色麻町方針、堆肥化・すき込み並行+21
投稿日時 2019-04-15 10:53:27 (ucxuzf)   [2気になる]  [1興味無い]

https://this.kiji.is/474091004020900961
>計画によると、19年度、41農家が一時保管する牧草480トンを町有地の旧小栗山放牧場に集約する。20年度、堆肥舎を場内に建設し、21年度は堆肥を一の沢放牧場など計26ヘクタールに散布する。残る牧草300トンは20年度までに旧小栗山放牧場など計15ヘクタールにすき込む。
>町内にある400~8000ベクレルの汚染牧草124トンは、そのままでは農地に還元できないが、牛ふんや放射性物質濃度が比較的低い牧草と混ぜて堆肥にすれば、処分できる。町によると、堆肥化で増える重量は最大で40トン程度に抑えられるという。
ニュー作は面白い処理の仕方だと思うけど、文句言う人も居そう


この記事に対するコメント

[#1] (fouqxn) 安全なレベルまで希釈して拡散するか、濃縮して嵩を減らして厳重に保管するか、結局そのどちらかしか方法は無いんだろうな。

[#2] (pnggra) 昔、化学の授業で「浄化とはほとんどの場合、希釈のこと」と習ったのを思い出したよ。

[#3] (ewwyvo) 燃やして灰だけ保管すりゃいいんじゃね?

[#4] (mgkjmm) #3 煙はどうしましょう

[#5] (frxhcn) #3 濃縮するのは悪手かと…


コメントを書く(512bytes以内 URLは自動リンクされます)