[記事一覧]  [編集][削除] 141

[読み物]
SF映画 わたしはこう観た!映画「オデッセイ」日本で最も火星に近い男が語るメンタルマネジメント+97
投稿日時 2019-03-12 07:27:45 (oyvrfu)   [1気になる]  [2興味無い]

http://www.mitsubishielectric.co.jp/me/dspace/movies/
>村上さんは火星模擬実験を100日以上経験され、参加者の選抜も行われています。マット・デイモン演じる主人公マーク・ワトニーは火星滞在に向いていると思われますか?
>彼は新しいことに手を出すことに喜びを感じるタイプ。車で言えばスポーツカー。でも車はアクセルだけではだめで、ブレーキを適切にかけることでいい運転ができる。チームにはダンプカーやミニカーで走っている人もいて、一人だけ早く走りすぎればほかの車が置いて行かれてしまう。
主人公なんだからそりゃそうだろうw


この記事に対するコメント

[#1] (zqmgph) そもそも一人きりだから斬新な解決策をひねり出したってだけで、チームワークが苦手な設定なんかないだろ!

[#2] (usnwxp) 映画向けに主人公の性格が改変されてたのが残念。原作ではユーモアに溢れてて、NASAからチームの潤滑油みたいな評価をされてた。少なくともリンク先で言われてるような「向いてない」性格じゃない。

[#3] (jgyqwp) 極地建築家 <その肩書に偽りなしなんだろうが、なんだかなーもうちょっと良い肩書を誰か考えてやれよ

[#4] (tjband) では英語でポラールアーキテクトとか。

[#5] (yrnrdr) #4 これだな。


最終コメント 2019-03-13 18:09:25