[記事一覧]  [編集][削除] 277

[ハード][画像]
異次元の「早さ」どう実現? スウェーデン戦闘機「グリペン」のひと味違う設計思想+152
投稿日時 2019-01-19 14:43:49 (aqncpp)   [4気になる]  [0興味無い]

https://trafficnews.jp/post/82611
>戦闘機が基地などへ帰還したのちの、システムをシャットダウンしてから再始動、再び滑走路へ出ていくまでのことを「ターンアラウンド(再出撃)」と呼びます。
>そしてその必要時間「ターンアラウンドタイム」は、関わる人の数にもよりますが、F-15やF-16といった戦闘機においては、おおむね2時間から3時間といったところが現実的な数字です。
>ところが、このターンアラウンドタイムがわずか10分という、飛びぬけて優れたスペックを持つ戦闘機も存在します。スウェーデン国産の戦闘機、サーブ「グリペン」です。


参照されているニュース◇ 「グリペンE」スウェーデンが誇るスホイキラー、特徴はステルス性能にあらず

この記事に対するコメント

[#1] (kxvcht) 整備性の善さはSAABの伝統だな。 エリア88でも前々機ドラケンで不死鳥チャーリーが同じ事言ってた様な。

[#2] (mfubab) 継続戦争でのフィンランド空軍の奮戦記みたら、同情する上に!納得できるさ。

[#3] (dmfgti) そんなグリペンが深夜アニメに。


最終コメント 2019-01-21 03:36:58