[記事一覧]  [編集][削除] 100

[読み物]
朝起きたら、横にいる夫が突然死んでいた日の話+186
投稿日時 2018-10-12 18:15:21 (mmmira)   [0気になる]  [1興味無い]

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57814
>私は慌てて飛び起き、夫の寝室に向かって、「早く起きて~。遅れる!!」と叫びながら部屋に入りました。しかし、夫はすやすや眠ったまま。「早く!」ともう一度叫びながら、起きない夫に近づいていきました。なんだか様子が違います。
>そのとき、夫の腕がふとんからだらりと出ているのに気づきました。腕の内側に内出血のような痣が見えました。「あっ死斑だ!」「死んでいる!」と、とっさに思いました。これまで知識はあっても実際には見たことがないのに、なぜかそれが「死斑」だとすぐに分かったのです。
誰か手伝ってくれる人がいないと全部自分がやらなきゃならん大変だろうな。           続き夫の突然死後の「腫れ物扱い」が苦しくて…かわいそう、はもうやめて


この記事に対するコメント

[#1] (npkdrt) 上手いこと飯のタネにしてるんだから、強かだなぁ

[#2] (sglxmf) 労災認定に通知だけが来たという事はゴタゴタするレベルでないくらいには過労死基準以上の残業はしてたんやな。


コメントを書く(512bytes以内 URLは自動リンクされます)