[記事一覧]  [編集][削除] 143

[読み物]
巨匠2人の絆…ロブションを笑顔にした「次郎」の鮨+119
投稿日時 2018-09-21 16:28:30 (wajryr)   [1気になる]  [2興味無い]

https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180919-OYT8T50003.html
8月6日にがんのため73歳で亡くなったフランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブションさんは日本好きとしても知られている。特に、東京・銀座の 鮨 すし 店「すきやばし次郎」を愛し、30年以上にわたって鮨職人である小野二郎さん(92)との交流を続けてきた。ロブションさんを「唯一無二の存在」と呼ぶ小野さんに語ってもらった。


この記事に対するコメント

[#1] (pdjlva) 喰うのが遅いと下げられるんじゃなかったんかい。      >お客さんの食べっぷりを見ながら料理を作るのが本来の姿

[#2] (xsbrfk) この鋭敏な味覚や嗅覚の話が本当なら、一流の料理人は、そこ辺にいる「どこそこのソバがうまい」とか「フグの味が分からんのか?」とか物知り顔に言うオッサンとは次元が違うという事だな。

[#3] (humgyt) 50代のサラリーマンのおっさんの食薀蓄は大体ソースは美味しんぼ。


最終コメント 2018-09-22 07:26:45