[記事一覧]  [編集][削除] 376

[読み物][画像]
陸自の「走るお釜」、「野外炊具1号」とは お腹も心も満たせる有事の最重要装備!?+219
投稿日時 2018-06-07 13:26:51 (shvmka)   [1気になる]  [0興味無い]

https://trafficnews.jp/post/80128
>自衛隊においても他国の軍隊と同様、食事は最も重要なもののひとつです。そうした意味で陸自の最重要装備ともいえるのが「野外炊具1号」でしょう。
>電気やガスのない発災直後の被災地で、一度に数百人規模の温かい食事を調理することは、自治体や民間業者では不可能です。これこそ自衛隊にしかできません。
>陸自には、調理を学ぶための専門コースがあります。それが需品学校(松戸駐屯地)で行われているFEG課程(Food Enlistedmen General course)です。


この記事に対するコメント

[#1] (ftjmns) 一刻を争う事態ってどんな時だ。緊急走行しながら料理するなんて楽しそうじゃないか。> 一刻を争う事態ならば、調理しながら現場までけん引

[#2] (lthjiq) 素直に2号3号と名前付ければ良いのに >「野外炊具1号(22式改)」「野外炊具1号」「野外炊具1号改」

[#3] (jqqiop) 災害時とか牽引しながらご飯炊いて到着してすぐに配ったりできるんだぜ

[#4] (inawxk) 調理しながら走らせるなんてアンパンマン号くらいしか知りません

[#5] (ezeemr) フィールドキッチンだな。

[#6] (lpbbvm-) これ持ち込んで、ソロキャン

[#7] (qjkbsq) #6 どんだけ大食漢なんだ

[#8] (nxdsbt) ニューハーフマラソン(二子玉川→蒲田)

[#9] (jybfeq) こういうのお国柄あるのかな。フランスとかイタリア美味しそうだし、イギリスはフィッシュ&チップス大量生産機かな

[#10] (lnhpqc) #8評価する


最終コメント 2018-06-12 10:22:22