[記事一覧]  [編集][削除] 240

[読み物][画像]
66歳からプログラミングを始め、自作の罠で年間90頭の猪を狩る猟師がいるらしい+258
投稿日時 2017-06-18 18:44:47 (pgwknn)   [7気になる]  [1興味無い]

https://blog.codecamp.jp/hunter-ichigo-jam-tanigawa
>市全体の36%の猪を捕獲したそうです。
>「猟師がIchigo Jamを活用して猪を狩っている」最初この言葉を聞いた時は信じられなかったです。しかも谷川さんは67歳。
関連


参照されているニュース◇ 人材確保へ「そうだ狩り、行こう。」 県猟友会などのPR、効果じわり◇ アキバで買った50円のセンサーで4億円の削減効果! 中小製造業のIoT成功例
参照しているニュース:◇ 1500円で買えてBASICが走る"こどもパソコン”「いちごじゃむ」

この記事に対するコメント

[#1] (ghfrgl) プログラミングなんて特別なものじゃないからな。ある事をするのに何が必要かを具体的に思い描ける人なら特別な勉強なんか必要無い。それが出来ない人にどう教えるかが問題なんだけど。

[#2] (xwodzi) 入出力を具体的に操作できるものにすると、一気に面白みが増すな。尊敬するわ。

[#3] (qpnklg) 一気にスケールアップできる強みが大きい。漁師の人力だとそうもいかん

[#4] (kriktd) 罠て色々厳しい決まり有る筈なんだがセンサー部分は自由なんかね。

[#5] (xcwjqo) 罠がありますよって人間に見えるよう表示するのと、直接傷つけるんじゃなくて動けないようにする罠であればあとは工夫次第


最終コメント 2017-06-19 02:15:48