[記事一覧]  [編集][削除] 265

[漫画]
「電子書籍版YouTube構想」が、プロ漫画家280名の賛同署名を得て正式スタート - (株)Jコミックテラスの中の人+128
投稿日時 2017-04-05 08:36:35 (aqucle)   [4気になる]  [3興味無い]

http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20170404/p1
>マンガ図書館Zの「電子書籍版YouTube」システムは、・権利者本人から、マンガ投稿を受け付ける。・銀行口座が登録されていれば、広告利益を100%お渡しする。・ただし出版社が電子化していない作品に限る。・そのマンガ投稿が実は権利者からではなかった場合、ホンモノの権利者が「すぐ削除」「しばらく様子見」「広告収益を自分に付け替え」の3つから行動を選べる。
>というものです。最後の選択肢はYouTubeと同様の機能ですね。



参照しているニュース:◇ 「漫画版YouTubeを」――読者が漫画ファイルをアップ、作者の許可得て無料公開 Jコミ「絶版マンガ図書館」で海賊版を撃滅へ◇ 絶版漫画が電子書籍で再評価 「Jコミ」仕掛け人に聞く◇ Jコミ、絶版の読み切りマンガで52万5000円の広告料を作者へ

この記事に対するコメント

[#1] (ncahgh) 外資系企業に、日本コンテンツを取捨選択&検閲削除するパワーを与えるのは、非常に危険であるってのは確かで、もう被害も出てるから頑張ってほしいんだけど、相手が強大すぎてなー

[#2] (mwxnms) 赤松健はタフだな、システム構築の経緯や運営の裏話をそのうちまとめて欲しいな

[#3] (owtlqf) 281名の賛同署名の中に、漫画家じゃないのが混じってる

[#4] (vxhcuu) (ホンモノ≒本物) AND (ホンモノ≠本物)  俺様に漫画のJASRACヤラセロ~!!

[#5] (odslga) 日本の表現は海外の規制と相容れないし、いま電子配信を押さえてる企業は表現の自由とか関心なさそうだからな。日本人の手でやらないと滅ぶ表現がどうしても出る。


最終コメント 2017-04-05 14:07:50