[記事一覧]  [編集][削除] 293

[漫画]
講談社編集次長、マガジン担当「随一の編集者」=仕事に厳しく―妻殺害容疑+69
投稿日時 2017-01-10 19:25:14 (vnxdpn)   [1気になる]  [4興味無い]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000081-jij-soci
>関係者によると、朴容疑者は1999年に講談社に入社し、週刊少年マガジン副編集長や「別冊少年マガジン」創刊の責任者を務めた。2016年からは青年向け漫画雑誌「モーニング」などを担当する部の編集次長を任されていた。
>映画化された大今良時さんの「聲(こえ)の形」や、鈴木央さんの「七つの大罪」などヒット作を連発した。業績については高く評価される一方、部下や担当する漫画家に対し時に理路整然と詰め寄る姿勢から、「冷淡に見える」と話す関係者もいる。
>東京都文京区に構えた一軒家で、妻と子ども4人で暮らしていた。妻には頭が上がらない様子で、職場とは別の顔を見せることもあったという。事件から約1カ月後の社内会議で妻の死を淡々と明かし、「警察に疑われている」と冗談めかしていたという。16年11月末ごろからは会社を休んでいた。


参照されているニュース◇ 殺人罪で実刑判決の講談社元次長に保釈決定 極めて異例、検察は高裁に抗告
参照しているニュース:◇ 講談社編集次長、妻絞殺で逮捕…容疑を否認

この記事に対するコメント

[#1] (waumbn) のコメント欄に投稿願います。

[#2] (aipikc) 容疑者がアレだから、このさき何度も何度も投稿されそうだな。

[#3] (ggwbcl) これはコメ欄でいいな。婚活ネタは面白かったのに残念なニュー作。


最終コメント 2017-01-10 21:08:53