[記事一覧]  [編集][削除] 359

[トリビア][画像]
江戸時代に名古屋城の天守を持ち上げて石垣を修理したという話+130
投稿日時 2015-08-17 18:31:28 (qdqqir)   [2気になる]  [2興味無い]

http://portal.nifty.com/kiji/150721194119_1.htm
>慶長17年(1612年)に築かれてから140年が経った宝暦2年(1752年)には、天守台の石垣に孕みが生じ、天守本体も傾斜していたという。そこで石垣の積み直し工事が行われることとなったのだ。
>石垣を修理するには、当然ながら上に乗っている天守が邪魔になる。しかしこの工事では天守を完全に解体するのではなく、天守を持ち上げて隙間を作り、石垣を直したというのだ。


参照しているニュース:◇ 弘前城天守が70m引越し 一生に一度見られるかどうかの珍事

この記事に対するコメント

[#1] (jvplsb) そういえば、以前こういう記事が

[#2] (exjgaf) 官邸かそれに準ずる建物も、建物ごと移動させてなかったっけ?

[#3] (gecxns) #1 昨日から始まってるよ

[#4] (icesyh) 石垣が妊娠したのか(困惑


最終コメント 2015-08-18 02:35:36