[記事一覧]  [編集][削除] 259

[読み物]
デジタル映画、なぜコンピューターは人間の表情を作れないのか+86
投稿日時 2015-01-11 12:35:23 (phrsbf)   [1気になる]  [7興味無い]

http://jp.wsj.com/articles/SB11685468879700404194004580388450308578246
先月ニュージーランドに行き、ウェタ・デジタル社で活躍する素晴らしいアーティストや技術者たちに会ってきた。ウェタ社は「ホビット」シリーズや「猿の惑星」シリーズの視覚効果を手掛けた企業だ。皆さんは近所の映画館が哲学的考察の源になるとは考えないかもしれない。しかし、最新のデジタル効果を駆使した人気映画の数々は、人間らしさとは何かという深い問題への答えを提供すると私は感じた。
アニメーターは一種の俳優であって、ピクサーは描かれた絵よりも、演技への理解を重視してアニメーターを採用している。素晴らしい俳優は、役柄の顔や体がどのように動くかを想像し、自分の顔と体をその通りに動かすことができる。素晴らしいアニメーターも同じことをする。


この記事に対するコメント

最終コメント 2015-01-11 12:35:23