[記事一覧]  [編集][削除] 298

[読み物]
■J1■2014年シーズン総括「大宮の魔法が解けるとき」part1+63
投稿日時 2014-12-11 21:23:26 (fxivqf)   [2気になる]  [4興味無い]

http://ameblo.jp/redond/entry-11961322871.html
part2 地獄編そういやJ2に降格してたガンバ大阪が復帰していきなし優勝というニュース(更に三冠まで狙える状況)で少し驚いてたら
お隣のセレッソ大阪が降格してるという激動の話を今更知りまして、最近のサッカー事情上下が激しいなと、で今シーズンどんな感じかと

(ウルグアイでのセレッソ大阪フォルランのインタビュー内容、実際はどうだった?)

この記事に対するコメント

[#1] (dxmpff) セレッソ大阪は最攻だっけか

[#2] (dbdbhf) セレッソは円安とも重なって草刈り場となってるそうな

[#3] (heehlf) 磐田の居残りもあって来年のJ2は地獄だな

[#4] (dkuaog) Jの審判基準とかフィジカルコンタクトは甘い方だけど、こういう降格昇格と草刈り場の容赦の無さは他に無い醍醐味だな。今年の山形は凄かったわ。天皇杯決勝残っているけど。

[#5] (ggyirl) J1の鳥栖、J2の湘南と韓国人監督の優秀さが際立ったシーズンだったね。鳥栖の方はどんな圧力があったのか知らないけど謎の監督解任で失速して優勝逃したけど。

[#6] (bmpadr) 韓国に関しては監督よりもK各チームのスカウトの考え方がフィジカル重視からテクニックとのバランス重視に変わってきたのが功を奏してきてちょっと面白くなり始めてるから韓国が好きな人はチェックしておくといい。まだしばらく代表は混乱しそうだけどな。

[#7] (bmpadr) そういう意味ではユンジョンファンのサッカーは韓国でもちょっと古いタイプのサッカーになるが、中堅以上はそのサッカーのほうが慣れてるから代表監督やるなら早い方が良いな。チョウキジェの方は完全にドイツサッカー目指してるみたいだが。


最終コメント 2014-12-12 11:24:29