[記事一覧]  [編集][削除] 251

[読み物][画像]
建築家・黒川紀章がカザフスタンに計画した未来都市は今も拡大していた+269
投稿日時 2014-12-10 08:56:56 (szhabc)   [1気になる]  [4興味無い]

http://gigazine.net/news/20141209-futuristic-astana/
>あまりの壮大さに思わず嘆息してしまいそうな未来都市ですが、なんと、この都市を計画したのは日本人なのです。Wikipediaの「アスタナ」の記事によれば、「アスタナが首都になったのは1997年の事で、1998年に行われた国際コンペで1位に選ばれた日本人建築家・黒川紀章氏の都市計画プランに沿って建設が続けられ、都市全体の完成は2030年とされている」とのこと。黒川紀章氏といえば、存命中、国内外の数々の施設や都市の設計を手掛けただけでなく、東京都知事選に出馬した事で記憶に残っている方も多いのではないのでしょうか?
>以前、同じく黒川氏設計のマレーシア・クアラルンプール国際空港を訪れた際に、「これを日本人が設計したのか」と見て回ったものですが、まさかカザフスタンにも彼が考案した街が建設されているとは知りませんでした。


この記事に対するコメント

最終コメント 2014-12-10 08:56:56