[記事一覧]  [編集][削除] 613

[サイエンス]
喜ぶべきか悲しむべきかわからない…!温室効果ガスの二酸化炭素は、不毛な大地を緑にしているらしい+93
投稿日時 2013-07-10 22:15:13 (amejop)   [4気になる]  [3興味無い]

http://irorio.jp/sakiyama/20130710/68318/
>まずドノヒュー博士は、乾燥地帯に育つ植物は二酸化炭素値が上昇すると、水分をより効率的に使うようになる事を確認。驚くことにCO2濃度が高くなると、砂漠植物は水分の使用量が減少するのだ。そのためCO2が豊富な環境でこれらの植物が光合成をするとなると、更に多くのCO2を取り込むため、まるで水分使用量の減少を補うかのように、植物は葉の枚数を増やすことでそれに対応する。(シンプルな光合成の方程式:二酸化炭素 + 水 → でんぷん + 酸素)衛星データによると、これらの変化はサバンナや砂漠で顕著であり、水の豊富な場所ではあまり見られないらしい。

サハラ砂漠にも緑が戻ってるらしいし気候変動万歳!


参照されているニュース◇ CO2濃度の上昇止まらず 16年、過去最高を更新 「気温上昇が危険な状況になりかねない」

この記事に対するコメント

[#1] (folnou) 子供の頃の絵本にもそう書いてあったな。未来は二酸化炭素が増えすぎてジャングルになるって。

[#2] (ggnqxd-) 温暖化防止の為にエコな生活して節電しましょうとかTVでやってると、異常気象≒温暖化≒CO2増加=電気使用の怪しげな等式に疑問を抱いて仕方無い

[#3] (radots) 江戸時代の寒冷気候で食糧減るんだから、そりゃ逆になれば緑増えるわな。

[#4] (ljbkpv.) 緑を増やすのは手段であって目的じゃないでしょ。目的は、海面の上昇防いだり、異常気象防いだりだと思うが。

[#5] (hrvoqu.) 気温上昇で緑が増える、つまり今まで育ててた作物の品質が保てない、もしくは育たなくなるってこと。温暖化によって、米作に適した産地で米を作れなくなる。他で作ればいいとか農家は作るの変えればいいとかいうスケールの問題じゃない。

[#6] (qntqfc) #5 他で作ればいいとか農家は作るの変えればいいよ。炭酸ガスが増えた上に温暖化するんだから作物の成長は格段に早くなるんだから。しかも寒冷で農耕に適していなかった地域も農地として使えるようになるんだからね。世の中デメリットしか言わない人間は信用ならないね。

[#7] (iyqgxd.) #6 はあ~。子供は無邪気でいいな…

[#8] (qntqfc) #7 大人で知的階級の君は朝日新聞にでも就職すればいいよ。

[#9] (taavbc.) #6 今まで農耕に適した土地が、適さなくなることは無視か。世の中、メリットしか語らないやつの方がうさんくさく思われるもんだけど。

[#10] (psyyop.) #8は武田邦彦とかを頭から信じてそう

[#11] (qntqfc) #9 良心的マスコミ様はデメリットと批判しかし無いからね。 #10 頭から信じてたらデメリットしか言わない奴を批判できないよ。功罪あるけど地球規模の気象変動なんか人間の手でどうこうできるもんじゃないから積極的にメリットを使っていこうって主張してるだけだよ。炭酸ガスの排出うんぬんいう人はとりあえず中国を止めてから言ってくれ。

[#12] (ljnags-) CO2を発生する装置とビニールハウスってなんで直結しないんだろうな?CO2濃度高けりゃ農作物良く育つだろうに

[#13] (hzmvbv) 砂漠が緑地化したら保水力上がって海面低下するんじゃね。

[#14] (qntqfc) #13 温暖化で水が熱膨張する分があるんでそう単純にはいかないかと。

[#15] (kthzho.) #11 何でメリットだけとかデメリットだけとかになるんだ?両者の兼ね合いだろ。0/1思考しか出来ないとか、どんだけ頭固いんだ?

[#16] (dhknrv) 米は熱帯植物で、日本のように温帯の気候では本来育たない植物。温帯で米を育てるには冬の終わりから手間と暇と金をかけないと作れない。米という外来種を育てるためだけに、日本中の自然を超大破壊して、トトロの自然のような人工的な「日本の自然」に大改変した。

[#17] (dhknrv) 温暖化すれば水田のように無理に土を暖める必要も苦労も、暑くなくても育つ今の品種改良苗もいらない。暖かい気温の元で、田の温度を上げる努力を習慣でしてしまうから収穫量減るのは当たり前。

[#18] (tnddjm.) 温暖化って、温度が上がると思ってんだ…

[#19] (dhknrv) #18 デイ・アフター・トゥモロー?


最終コメント 2013-07-11 16:07:19