[記事一覧]  [編集][削除] 440

[ゲーム]
消費者団体もゲーム規制に反対する公開書簡を副大統領に送付・・・銃乱射事件を受け+23
投稿日時 2013-01-12 15:46:12 (bqydah)   [4気になる]  [3興味無い]

http://www.inside-games.jp/article/2013/01/12/62893.html
>幾つもの研究がメディアが暴力を想起することがないと結論づけています。テキサスA&M国際大学の心理学・コミュニケーション学部長のクリストファー・ファーガソン教授は暴力的な表現のあるビデオゲームと現実の暴力行使には関係がなく、大量殺人や若者の非行にも繋がらないと述べています。
>2011年にゲームは270億ドルを販売した一方、こうした犯罪は2010年に比べて3.8%減少しました。2002年と比較すると15.5の減少がありました。この期間、ゲームでは(戦争を舞台にした)『Call of Duty』や『Halo』といったゲームが人気を集めていたのです。
>連邦最高裁判所も含めて法廷は何度もゲームを含めメディアを制限したり検閲することは許されないと判断してきました。こうした政策を打ち立てる度、国民の税金が無駄に消費されてきたのです。  関連   


参照されているニュース◇ 暴力的なビデオゲームによる影響の調査を含む銃犯罪対策法案、ビデオゲーム産業のロビー活動により頓挫
参照しているニュース:◇ Americans start “book burnings” of violent games◇ 銃乱射事件で全米ライフル協会がビデオゲーム業界を非難「暴力の種を蒔く退廃した闇の業界」◇ 暴力ゲーム規制推進派議員が全米ライフル協会の発言を批判「哀れで受け入れられない」◇ 「暴力的なゲームは犯罪を減らす」と欧米の研究者が報告

この記事に対するコメント

最終コメント 2013-01-12 15:46:12