[記事一覧]  [編集][削除] 860

[読み物]
BIOSやファームウェアに感染してハードウェアに検知不能なバックドアを作る「ラクシャーサ」とは?+215
投稿日時 2012-08-31 14:59:38 (aklhxi)   [3気になる]  [2興味無い]

http://gigazine.net/news/20120830-rakshasa/
>「どのようなOSであってもセキュリティレベルを永続的に低下」「1997年のセキュリティレベルにしてしまう」「ハードディスクやOSを取り去っても残り続けるという継続性」を実現させることが可能になっています。
>ネットオークションであらかじめこのようなバックドアを仕込んでおいたハードウェアを売るというのも可能であり、そのようなパーツがデータセンターで使われれば一巻の終わりです。
>ほとんどすべての電子機器が中国で製造されていることを考えると、中国を押さえればすべてのコンピュータなどの各種ハードウェアにバックドアを忍ばせることは容易であり、その危険は避けられません。

(もうEFIの時代なのに、どうしてMSはWin8でBIOSを窓から投げ捨てなかったんだろうか。(はてブのコメント欄より。これには同意。))

参照されているニュース◇ 英情報機関 ハッキング用工作 発見 中国レノボ社製 PC「使うな」 
参照しているニュース:◇ 原発や軍事用に使われている中国製シリコンチップにサイバー攻撃可能な未知のバックドアが発見される

この記事に対するコメント

[#1] (ncclmb) BIOS狙うウイルスってかなり前からあったような……

[#2] (olukft) ホントなんですよ、この話。

[#3] (isntzr) 抜いたわ。抜いてリセットしてもまだ動く。おそらくパターン学習用のSRAMに潜り込んだウィルスがプログラムを修復してるのよ by香貴花

[#4] (svhvdc) こんな騒ぎもあったね

[#5] (hfijhw) EFIはインテル主導だからAMDプラットフォームじゃ遅れてた。それに、たかだか数年前のPCで8へアップグレード不可なんて困るよ。

[#6] (ajzyhs) 必要な人はSecureBootに対応してるであろうWindows8モデルを買えばいい。


最終コメント 2012-09-01 00:20:02