[記事一覧]  [編集][削除] 595

[サイエンス]
太陽は自然界で最も丸かった+92
投稿日時 2012-08-22 10:03:26 (wawjml)   [1気になる]  [1興味無い]

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120821001&expand#title
>太陽が直径1メートルのビーチボールだとすると、最も膨らんでいる部分と最もへこんでいる部分の高低差は約17ミクロンと明らかになった。髪の毛1本の幅もない。
わかるような、わからないような。 太陽は直径140万kmらしいから…えーと、17ミクロンの差は実寸では23.8km? というかミクロンって久しぶりに聞いた>
#1 おお。万がぬけてた。   関連のようなもの


参照しているニュース:◇ 全国で金環日食の“限界線”探し

この記事に対するコメント

[#1] (kgsvjp) 太陽って北海道より小さいのか。

[#2] (girzjm.) #0 太陽以外の恒星は人工的に作られたとの解釈でよろしいのでしょうか?

[#3] (wawjml) #2 それは、「自然界」の前に「観測できる範囲の」とか付けるべきとかいう話ですか?

[#4] (vtmyhm) 宇宙空間では自然と球になるから、同じ大きさにした時という点なら、単純に元がでかければでかいほどでこぼこは小さくなるという当たり前の話のような。

[#5] (hckmif) 地球他は自転の影響で楕円なんだっけか。

[#6] (uwyqda) #4 楕円体だと予想するのが普通では? この記事も、その丸さが意外な程だったというニュースだし。

[#7] (tuigib.) でかくてもベテルギウスはボコボコだけど?

[#8] (vnokec.) 電子だとか中性子とか真円なイメージだが、ボコボコなのか?

[#9] (natsvk) #8 やつらは概念として粒なだけで、実際はなんだかよくわからない状態の存在だと聞いた。 真偽のほどはよくわからんが、電子はすくなくとも分かり易くは回ってないだろうなあ。

[#10] (mkvctg) #4 水素ヘリウム原子分子の大きさに比べ、巨大になる程デコボコは小さくなるのと、核融合反応しながら各部がバラバラに自転しているその遠心力が、楕円になる程の影響が無いと言う事なのだろう。しかも観測できてる今の表面の形や現象は、内部で数十万年前に起きた反応の結果。

[#11] (mkvctg) #7 現在のベテルギウスは、大きなタンコブ状態。まもなく爆発してしまうのだろうけど。その時は昼間でも月位の大きさに光るらしいから楽しみにしている。もしガンマ線バーストにさらされたら終わりだろうけど、みんな一緒だし対応方法も無いし、かまわないから早く見てみたい。

[#12] (mkvctg) #10 補足。太陽の循環は数十万年だが、たった厚さ平均3千mの地球の海でさえ、循環に2千年(千5百から)かかる。潜った深層水が再び表面に戻るのにその位かかる。海面に浮いた海水は、たった数年で再び深層に潜る。そのため現在観測できる海面数百mは2千年前の海水。水(分子)と核融合状態水素の循環のたとえは違いすぎますが。

[#13] (mkvctg) ちなみに、年々(長期的で無い)の猛暑,冷夏,暖冬,厳冬などの殆どの原因は、潜る前の2千年前の海面の影響。海上の大気(気体)の温度は、水(海水)の温度に左右されるため。


最終コメント 2012-08-23 16:26:24