[記事一覧]  [編集][削除] 539

[漫画]
少年・男性向けコミック誌の部数変化をグラフ化してみる(2012年4月~6月データ)+198
投稿日時 2012-08-09 18:26:50 (aclzxl)   [2気になる]  [3興味無い]

http://www.garbagenews.net/archives/1963218.html
>まずは「ゲッサン」「コロコロイチバン!」の伸びっぷりが目に留まる。「ゲッサン」は「漫画力絶対主義」をキャッチコピーとする月刊の漫画誌で、積極的なサイト展開も特徴の一つ。今期では前期比で4割強の増加を示しているが、これは2012年6月号(同年5月12日売り)から連載を開始した、あだち充先生の作品「MIX」によるもの。
>同氏の代表作の一つ「タッチ」の続編的な立ち位置にあることも人気の材料となり、掲載初号は増刷がかかった上、第一話が7月号などに再掲載される事態となった。


この記事に対するコメント

[#1] (plgnfo) チャンピオンは・・・。

[#2] (flaasb) ビームは・・・。

[#3] (ijoeiq) ビームはわからんけどチャンピオンは日本雑誌協会に部数のデータを公開してないとかじゃなかったっけ。

[#4] (gjfuyd) 20年近く毎月アフタヌーンだけは買ってるけどよくもってるよな…

[#5] (doajks) ビームはグランドエフェクトで墜ちない飛行機のようなもの ときどき映画化とか何かの燃料が追加される

[#6] (txotbs) ゲッサンは続タッチだけだろ

[#7] (ajodji) 一時期マガジンがジャンプ追い抜いてたのに、また差がついてんなー。あとオリジンが終わったガンダムAが結構売れてるのが意外。

[#8] (aadmvn) サンデーとマガジンの比較なら関連サイトで追記事が出てる サンデーとマガジンの攻防戦  


最終コメント 2012-08-10 14:54:51