[記事一覧]  [編集][削除] 481

[ハード][画像][動画]
「あの現場で動けるロボットはQuinceしかない」~原発ロボットを開発する千葉工大・小柳副所長+127
投稿日時 2012-03-28 18:15:59 (ruagmm)   [1気になる]  [2興味無い]

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1203/09/news002.html
>「レスキューロボットは今まで、常に研究者がそばにいる状態で使われてきた。ところが今回は、研究者が現場(原発)に入れない。ある程度実用レベルのものになって、それから商品化されるまで、膨大なテストが必要になるが、その“手離れ”がいきなり来てしまった。そのための準備はまだできていなかったので、そこが難しかった」と、小柳副所長は振り返る。
研究段位からいきなり実戦投入されてしまったという話。ケーブルが切れてしまった1号機も、回収せずにそのまま1年間放置して放射線がロボットに与える影響を調べる材料にするらしい。前向きだ


参照されているニュース◇ 火山をロボットで監視、探査ロボ「ジオスター」と飛行ロボ「マルチコプター」

この記事に対するコメント

[#1] (zjzieu-) アメリカの軍用偵察ロボットは崩れやすい足場を乗り越えたり小さい隙間でも通り抜けられるように、片手でも持てるくらいのサイズと重さだが、Quinceは結構でかいし重そうだな。

[#2] (ruagmm) #1 階段登れるのは大きいポイントだと思う

[#3] (ndhdxq) これの電子基板は、どこまで放射線に耐えられるのだろう。まだ実績は調査だけか。チェルノブイリの時に活躍したというソ連の無人月面車並に頑丈で、放射線やガレキの悪環境で活動できる程度の物は、もう無いのだろうか?


最終コメント 2012-03-29 15:48:18