[記事一覧]  [編集][削除] 741

[国内ニュース]
遠くて近い?日本財政破綻への道+125
投稿日時 2011-09-15 05:02:23 (pmrytj)   [4気になる]  [40興味無い]

http://d.hatena.ne.jp/abz2010/20110914/1316004541
>インフレでどれだけ通貨価値が減価していくかわからないのに僅かな金利で国債を買う人間などそれほど居ないはずである。
>現在の金利が非常に低くかつ母数となる国債残高は膨大な為、ほんの数パーセントの金利上昇でも財政に与える影響は大きい。
>足元の国債金利が低いからといって当面は大丈夫と思い込むことは危険なのではないだろうか?


参照されているニュース◇ ドーマーの定理について

この記事に対するコメント

[#1] (bnyvzl) abz

[#2] (dkkxhn.) なんで国債残高が膨大なら金利上昇が財政に与える影響が大きいんだ?金利は変わらないのに。それどころか金利上昇で国債価格が下がれば国債残高は圧縮されるよね。

[#3] (kdpnwd) 自ニュはよくキチガイに目を付けられる。

[#4] (useoyj-) #2 借り換えの際の国債利払い費が増加するからでは? あと変動利付債とかもある。

[#5] (fxpyvp.) 100兆の借金で利息+1%→利息1兆、1000兆の借金で利息+1%→利息10兆。猿でもわかる

[#6] (opvqjh) 猿には金利と利息の言葉のつかいわけはできないかな?

[#7] (cztwqs) 金利上がって国債価格下がっても返済する側は額面とおりの金返さないといけないから発行残高は圧縮されないんじゃ

[#8] (kknsrb) 「道を歩くと、事故に遭う可能性があるよね」と言っているだけの記事で読む価値は無かったなー。「ほんの数パーセントの金利上昇」を恐れると言う認識なら、記事タイトルは「日本はもう財政破綻してます」にしないと。だって、不況を脱したら自然にそれくらいは上がるんだもん。長引く不況の為に積み上がった国債が、不況を脱すると崩れる = 詰んでる。

[#9] (kkznyf.) #7 償還まで持ち続けるのならインフレで名目成長率と税収が上がっている中で低金利固定で有利だし、小渕分を均した時のように国債を安値で市中から買い戻せば元本で償還する必要もない。買い戻しの原資を市中調達しても国債残高は減る。

[#10] (cztwqs) 安く買い戻すから残高減るってことかなるほど

[#11] (mhbxqo) #8 いつから金利上昇を財政破綻と言うようになったんだろ?財政破綻したら金利上昇するが、逆は真ならず。財政プレミアの話なら実質金利を見ないと意味ないし。

[#12] (gzuwhp.) 実質金利が上がれば財政に不利になり、インフレが上がれば財政に有利になる。だから名目金利(=実質金利+インフレ)の上がり下がりだけからは財政に有利か不利か判断出来ない。

[#13] (ebjxpd.) ギリシャ国債でも買っとけ>abz

[#14] (oqvemq) #8 最近は「今のうちに消費税増税しないと、景気回復したら破綻してしまう!」というアホまで出現してるので侮れない。

[#15] (tfcmdi) #13 ギリシャ国債楽しすぎる これギリシャ今週持つかなぁ…(笑)笑い事じゃないけど

[#16] (cbcjaf) なんだかんだでコメント欄が伸びるようになってきたな

[#17] (useoyj-) 買い戻しの原資を市中調達ってどういうこと? 長期金利以下で市中調達できるってこと?

[#18] (oqvemq) 結局独仏が貧乏くじか/独仏首脳が電話会談、ギリシャ支援の決意表明

[#19] (egrhbm.) #6 君のマイルールなんて知らないから… // >きんり【金利】 貸し金・預金などにつく利子。利息。元金に対する利子の割合。利率。

[#20] (gzuwhp.) #17 市中金利で調達すればいい。要は1%の国債100円分と3%の国債90円分を交換する感じ。前者を買入償却して後者を新規発行する。国債残高はそれで減少。国債残高/GDPはインフレで分子分母の伸びが等しく高まるので悪化圧力なし。

[#21] (kpezhe.) #19 専門辞書でもない一般向けの不正確な用語解説を引っ張ってきても、恥の上塗りにしかならないよ?

[#22] (ajgxno.) 元本に対して一定期間内に支払う利息の割合を金利という。利息は単位が円やらドルといったものになるが、金利には単位が無く%やbpなどの割合で表される。

[#23] (kpezhe.) そして、国債の利息(クーポン)は一定でも、国債の市中金利(利回り)は日々変動する。分母の国債価格が変動するから。利息と金利は全然別の概念、それが区別できなきゃ猿以下だ。

[#24] (cztwqs) あ、買い入れ償却しても減った残高の分、利払いが増えて支払う総額では同じか。一応残高の数字は見た目上減らせるな

[#25] (qqxphw-) 割引債なら残高は変わらず、固定付利なら残高は減るけど金利は増える。 結局既に発行した分については差し引きゼロってことかな?

[#26] (ajgxno.) 買い入れ償却するなら割引債も残高が減る(金利上昇で償還の額面>時価となるので)。借り換え原資の新発債の金利は上がるが、その分名目成長率も上がるので問題はない。

[#27] (qqxphw-) あれ、そうなの? 額面100円の割引債を97円で買入消却するとして、97円を割引債で調達するには額面100円の国債発行が必要では?

[#28] (opvqjh) #21-23 分かりやすい説明だけど、#19の言うとおり利息のことを金利と表現することは割りと一般的だと思うよ。但し、#5のように金利(=利率)ことを利息と表現するのは聞いたことない。以上、僕のマイルールでした by#6

[#29] (dkkxhn.) #27 新規の調達の方も割引債で行う場合ね。それなら残高は確かにその通り。ただ、割引債の場合も債務残高/名目GDPの分子がインフレによって増えない一方で分母がインフレで嵩増しされるので、財政に有利という結論は変わらない。


最終コメント 2011-09-15 22:57:58