[記事一覧]  [編集][削除] 611

[海外ニュース]
量的緩和終了 米国の景気減速に警戒解けぬ(6月24日付・読売社説)+52
投稿日時 2011-06-27 16:56:53 (vaxeen)   [7気になる]  [6興味無い]

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110623-OYT1T01134.htm
> FRB(米連邦準備制度理事会)は6000億ドル(約48兆円)もの米国債を買い入れ、市場への資金供給を増やした。景気下支えを狙うとともに、デフレ懸念を封じ込める苦肉の策だった。
> その結果、長期金利が低下して、企業の設備投資の呼び水になった。米株式相場の上昇に伴い、個人消費も持ち直してきた。デフレ懸念も後退している。一方で、副作用も大きかった。米国発の巨額マネーが市場にあふれ、原油や穀物などの価格を押し上げた。新興国などのインフレも目立つ。
・少し前のニュースですが、向こうの中銀は仕事してるなぁと思ったので。


この記事に対するコメント

[#1] (vwkvsv) そういえば最近サブプライムショック直後みたいな「アメリカはハイパーインフレに!」とか「ドル暴落で1ドル40円台に!」とかいう人をメディアで見かけなくなったな。

[#2] (vtmeae) 利上げが予想されれば、円安ドル高になるからね。しかし、ユーロとの兼ね合いが

[#3] (ejhege) 日銀にももう少し景気対策やってほしいな。


最終コメント 2011-06-28 11:49:54