[記事一覧]  [編集][削除] 839

[サイエンス]
日本における波力発電の問題点+187
投稿日時 2010-01-25 13:33:09 (whyiva)   [9気になる]  [4興味無い]

http://ukmto.at.webry.info/201001/article_7.html
>しかもスコットランド企業のペラミス・ウエーブ・パワー社がポルトガルで昨年9月に運転を開始した世界初の商用波力発電所は、わずか数週間で運転停止に追い込まれている。背景として技術的な問題からの稼働停止とさらにこのプロジェクトの主要出資企業のうちの1社が破産してしまったことが挙げられる。このプロジェクトには既に総額900万ユーロ(約12億円)の立ち上げ費用がかかっている上に、現実的な発電量としては2.25mW程度であり、これでは風力発電タービン1基分と同等程度なので大差ない。これを商業的成功などとは到底呼べない。


この記事に対するコメント

[#1] (yfzfyt) 自分の知ってる波力発電実験施設は、波力発電で元が取れないから海洋深層水取ってきて、それ売って生計立ててるよ。波力発電所って言えるんだろうか、それ

[#2] (eqlvis-) 2.2mWは風車でマブチモータを回したぐらいですか?

[#3] (tkehgp) 自分はこっちに期待している  

[#4] (sgxznp) 海洋温度差発電はまだなのかよ?こっちの方が先行しているイメージだったんだが。

[#5] (uppvup) タービンを使わない画期的な仕組みってソースをとりあげつつ、なんでタービンだからダメって批判するんだろうか。変なの。


最終コメント 2010-01-25 19:51:46