[記事一覧]  [編集][削除] 621

[読み物]
難解で誤解が多い「病院の言葉」 分かりやすく言い換えます+382
投稿日時 2008-05-30 02:51:44 (nchllr)   [7気になる]  [12興味無い]

http://sankei.jp.msn.com/life/body/080529/bdy0805292239003-n1.htm
> 「五十肩」と説明したら「60歳には治るんですね」と聞き返された。


この記事に対するコメント

[#1] (qgxlzq) 「ホスピス」を家族が悲観的な態度で拒絶したのは何が問題なの?治療行為が止まってしまうホスピスは治療継続する欧米のものに比べて批判対象になっているはずだが。

[#2] (nowsgl) まともに物も知らんのか、最近の年寄りはまことになっとらん

[#3] (dzpldp) 横文字は仕方ないとして、合併症とかMRI検査とか分からない、あるいは勘違いしているのはどうなんだ

[#4] (obctzu.) 「びょう気」とかどうだろう

[#5] (knwsnv) 60歳には…ってただのオヤジギャグか皮肉じゃないの。40代なら四十肩、50代なら五十肩。医者が説明放棄しているようにもとれるしね。合併症は、医者が防ぐべきを防げなかった=手術失敗、と解釈したんだと思う。 分かりやすくするのはいいね。医者に限った事ではないけど、シロウトに通じる言葉を選べないのは愚かだ。

[#6] (ecjcrf) 「専門用語」の言い換えはともかく、底抜けの糞馬鹿までケアしてやる必要はないよな。いい歳して合併症って語も知らない馬鹿って、どうやって生きてきたんだ?

[#7] (knwsnv) 元記事もそうだけど、患者を馬鹿にしすぎている感がある。合併症を知らないのではなくて、それを回避できなかったのかという問いにもとれる。 ケアするのが仕事なんだから、患者が底抜けの糞馬鹿なら底抜けの糞馬鹿にも解る説明をするのがあたりまえ。


最終コメント 2008-05-30 22:24:40