[記事一覧]  [編集][削除] 662

[映画]
日本軍傀儡政権のスパイのボスを愛する女性を演じた女優に活動危機+246
投稿日時 2008-03-13 22:24:55 (tojyv)   [16気になる]  [23興味無い]

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0312&f=entertainment_0312_004.shtml
> 中国メディアの報道によると、国家広播電影電視総局がテレビ局宛に「タン・ウェイの出演CMの放送を禁じる」と通達したとされており、各テレビ局もその事実を認めている。
> また『ラスト、コーション』の監督、李安(アン・リー)は何の規制も受けておらず、北京オリンピック式典で相談役をつとめる重要なポジションにいるからだろう、と言われている。
無名の女優から一躍スターダムにのし上がったと思いきや/ゲンダイは「(ポルノ)規制を強化している中で、大胆なハダカをきっかけに成功する女性がいては困るのでしょう」だってさ


この記事に対するコメント

[#1] (kdmlc) なんだそりゃ、中国が「自分の国は余裕がありません」と言ってるようなもんだな。これじゃオリンピックは間違いなく失敗する。

[#2] (hngnh) 中国じゃ普通に芸能活動もできないのか。国土は広いがケツの穴は小さいのう。

[#3] (akapc) >日本軍傀儡政権のスパイのボスを愛する女性を演じた女優 …よくわからん!

[#4] (pvuia) 「ラスト、コーション」てえろえろな映画じゃなかったっけ。

[#5] (oflii) ポルノを上映したいがために日本軍云々を免罪符に…てのはよく聞くけどね。


最終コメント 2008-03-14 07:20:30